高橋宏斗(中京大中京)の出身中学は?進路についても!

野球

高橋宏斗
この記事に書いてあること

2019年秋の神宮大会に優勝した中京大中共の投手高橋宏斗(中京大中京)。愛知県独自大会では最速152キロを計測するなど、各プロの球団のスカウトも注目している。そんな彼の出身中学や、進路や身長、家族。急速や投球フォームについて調べましたので、読んでみてください。

中京大中京の高橋宏斗くんといえば、準々決勝で対戦した名将・馬淵監督(明徳義塾)が大絶賛し、当時の松阪大輔選手より評価が高いと言わせてほどの投手です。

もちろん、各プロの球団のスカウトも注目しているのですが、出身中学はどこなのでしょうか?

その他の経歴や、急速や投球フォームについて調べたことをご紹介しますね。

高橋宏斗(中京大中京)の出身中学は?進路についても!

ランビア

高橋宏斗くんについて見ていきましょう!

高橋宏斗くんの生年月日・身長・体重などのプロフィール

名前高橋宏斗
フリガナタカハシヒロト
生年月日2002年8月9日
出身地愛知県尾張旭市
身長184cm
体重80kg
ポジションピッチャー

高橋宏斗くんの出身中学は?

尾張旭市立三郷小学校卒業で、尾張旭市立東中学校に進んで卒業していたようです。

ただし中学では部活ではなく、「豊田シニア」でプレーしており、全国大会にも出場しています。

  • 2016年:リトルシニア全国選抜野球大会(2回戦)
  • 2017年:リトルシニア日本選手権大会(3回戦)
ランビア

2017年リトルシニア日本選手権大会では「最優秀選手」にも選ばれたようですね!

高橋宏斗(中京大中京)の投球フォーム、球速や球種は?

しっかりとタメを作ってから投げるフォームが特徴で、ゆったりと落ち着いたテイクバックから、リリース時にはバネを感じさせます。
常に、140キロ台のストレートを投げ、MAX150キロ(2019年11月17日 神宮大会)です。

ランビア

この投球フォームは、千賀選手(ソフトバンク)を動画を見まくって、真似ているというのは有名な話になっていますね。

球種は

  • ライダー
  • ツーシーム
  • スプリット

スピードストレートと縦に落ちる変化球で勝負をかけていくタイプです。

高橋宏斗くんの今後の進路については?

愛知県独自大会では最速152キロを計測するなど、各球団のプロのスカウトも「今年志望ならドラフト1位候補に入る」との評価だそうですが、本人は東京六大学への進学を希望しているようですね。

【最後に】高橋宏斗くんの活躍を楽しみにしています

「高橋宏斗(中京大中京)の出身中学は?進路についても!」について、調べたことを書きました。

これからの成長が楽しみな選手です。コロナ禍で試合もできないなか、頑張ってきたので、「2020年甲子園高校野球交流試合」では思いっきり活躍して欲しいですね!