【佐藤輝明】父親はどんな柔道家?母や兄弟も体格がいい噂は本当か?

2021-02-10野球

佐藤輝明
この記事に書いてあること

2020年のドラフトで1位指名され阪神タイガースに入団した佐藤輝明選手ですが、シーズン前にしてすでに注目を集めています。また187cmで92kgという恵まれた体格ですが、どうやら柔道家の父親とともに身長の高い母親ゆずりのようです。また弟が2人いるのですが、どちらも身長が高いとのことなので、そのあたりを調べてご紹介している記事になります。

ともだち

阪神だけじゃなくて、福岡ソフトバンクホークス、オリックス・バファローズ、読売ジャイアンツも1巡目指名を受けてた大物ルーキーやんな?

ランビア

兵庫県の西宮市出身やし、近畿大学卒業やろ?阪神に入団できてよかったんちゃうかなぁ。

フルスイングから広角に力強い打球を放つ左の長距離砲が特徴ですが、50m走6秒の脚力・遠投100mの強肩も兼ね備えています。

そんな、才能溢れた佐藤輝明選手の父親は柔道家らしいのですが、いったいどんな柔道家なのでしょうか?

また、母親や兄弟のことについてもご紹介していきます。

佐藤輝明の父「佐藤博信」さんは国際大会も出場する柔道家

名前佐藤博信
フリガナさとうひろのぶ
生年月日1967年4月25日
出身地宮城県村田町
身長184cm
体重86kg
職業関西学院大学人間福祉学部人間福祉研究科 准教授

プロフィールを掲載しておきました。

184cmで86kgというと、佐藤輝明選手とかなり近いデータですね。

佐藤輝明選手のガッチリした体型は父親譲りなのかもしれませんね。

【佐藤博信氏、柔道家としての主な戦績】

  • 1987年 優勝大会 3位
  • 1987年 日本学生選手権 無差別 3位
  • 1988年 チェコ国際 優勝
  • 1989年 正力杯 2位
  • 1990年 正力国際 2位
  • 1991年 講道館杯 優勝

この成績からして、かなりの柔道家であることが見て取れます。

現在は、関西学院大学で准教授をされていて、スポーツ・体育・武道を教えています。

柔道家であれば、体の動かし方や、筋トレに至るまで、スポーツの種目は違えど教えることができたと思います。

それが、佐藤輝明選手の活躍に繋がっているのかも知れませんね。

ランビア

もちろん、睡眠の大事さも理解されているようですね!

佐藤輝明の母「佐藤晶子」さんも高身長だが、何センチ?

佐藤輝明選手の両親
zakzak by 夕刊フジより

佐藤輝明選手の応援にきているご両親の写真ですが、身長が184cmあるという父親の博信さんを隣に、母親の晶子さんもスラッと背が高い印象です。

父博信は身長180センチ超で柔道選手、母も身長は170センチ以上あった。

日刊スポーツより

このように掲載されていますので、背が高いのは父親だけでなく、母親の遺伝もあるようですね。

お母様も「体だけは受け継がせることができました」と話しています。

また、佐藤輝明選手の大好物は母の作るハンバーグだそうで、大学時代は寮生活だが、新型コロナウイルス感染拡大による部活動停止期間中には兵庫・西宮の実家に帰省していて、母親である晶子さんによくオーダーしていたとのことです。

「ハンバーグの時は挽肉をキロ単位で買いに行くんです…」

佐藤晶子さん談

お父さまと合わせ、3兄弟なので食事も大変でしょうね!

佐藤輝明選手の弟(次男の佐藤太紀)も大学野球選手

Yahoo!ニュースより

この記事執筆時点(2021年2月10日現在)で、佐藤輝明選手の弟、佐藤太紀さんは関西学院大学の2年生です。

お父さんが准教授を勤めている大学ですね。

兄である佐藤輝明選手は小学6年生のときに「阪神タイガースジュニア」に選抜されたことがありますが、佐藤太紀さんは「オリックスジュニア」に選抜されたことがあるようですね。

よく2人で練習していることがあるようです。

佐藤輝明選手の弟(三男 名前不明)は野球をしているかは不明

関西学院大学で活躍している次男の佐藤太紀さんの下に、歳の離れた弟がいるとのこと。

どうやら、この記事執筆時点(2021年2月10日現在)で小学校4年生ということですので、また情報がほとんどないのは仕方ないですね。

ただ、兄が2人とも野球をしていて活躍していることから、もしかしたら野球をしているかも知れませんね。

佐藤輝明選手Wiki的プロフィール

名前佐藤輝明
フリガナさとうてるあき
生年月日1999年3月13日
出身地兵庫県西宮市
身長187cm
体重92kg

「地元球団の阪神には愛着が湧き、ファンクラブにも入会。会員特典の黄色いユニホームを着て、両親に連れられ兄弟と甲子園に何度も足を運んだ。」というエピソードもあり、これから阪神タイガースで活躍してくれることを期待させてくれますね。

日刊スポーツに掲載されていた佐藤輝明選手の怪力伝説も掲載しておきますね。

◆ロングティー禁止令 兵庫・仁川学院高時代にグラウンドの一塁側ファウルゾーンから、左翼方向へ木製バットでロングティーを行うと、打球は防球ネットを越えて道路へ飛び出した。推定飛距離は150メートル。学校側は佐藤輝に「ロングティー禁止令」を出した。

◆窓ガラス破壊 仁川学院での自主練習日。三塁側ファウルゾーンから今度は道路側に向かってではなく、校舎に向かってこっそりロングティーを行った。パワーを抑えるため、折れた木製バットをテーピングで使用。しかし打球は飛びすぎ、今度は校舎3階の窓ガラスを破壊した。

◆リーグ新 近大では関西学生野球リーグで通算14本塁打。同校OBの二岡智宏(現巨人3軍監督)がマークしたリーグ通算本塁打記録を22年ぶりに更新した。

日刊スポーツより

【最後に】

以上「【佐藤輝明】父親はどんな柔道家?母や兄弟も体格がいい噂は本当か?」についてご紹介してきました。

小学生の弟さん以外は、身長も高く父と大学生の弟はかなり身長が高いようですね。

どうやら阪神では、すでに開幕スタメンで「2番にチーム最強打者を配置するのが現在の世界的なトレンド」として2番での起用も考えているようですね。

2021年の活躍が楽しみですね!