【井川龍人(早稲田大)】着用シューズは?1万m27分台選手の出身中学や高校

陸上

井川龍人
この記事に書いてあること

早稲田大学競走部、井川龍人選手のレースの時に着用しているシューズのことや、1万m27分台選手の出身中学や高校について、ご紹介している記事です。

ともだち

井川龍人選手を筆頭に早稲田大学って、どんどんはやくなってる気がするね

ランビア

井川龍人選手って1年生のときからずっと箱根駅伝に出場してるもんな

早稲田大学競走部3年の井川龍人選手は、1年生からずっと箱根駅伝に出場し続けており、活躍が期待されている選手です。

そんな井川龍人選手の着用シューズはニューバランス?NIKE?

中学、高校時代は?

大学入学後の成績や、10000mで出した記録は?

という点について、まとめてみました!

井川龍人選手の着用シューズはニューバランス?NIKE?遍歴調査

井川龍人さん (@SR090522) / Twitter

井川龍人選手の、大学駅伝でのシューズの遍歴を見ていきましょう!

井川龍人選手のTwitterを見ると、2020年、1年生で箱根駅伝に出場した時には、ニューバランスのFuelCell5280を着用しています。

初めての箱根で受けた洗礼 この経験を飛躍のステップに/井川龍人 | 早稲田スポーツ (wasedasports.com)

2020年のシーズンはずっとニューバランスのFuelCellを着用していたようで、たびたびTwitterにも登場していました!

2021年の箱根駅伝では、ナイキの「エアズームアルファフライネクスト%」を着用して出場していました!

回顧・箱根駅伝2021激闘の裏側 早大競走部、10人の走者と主務が語る – 早稲田大学 競技スポーツセンター (waseda.jp)

2021年の箱根駅伝の往路では、出場選手105人中、99人がナイキの厚底を着用していたそう

その後の4月の日本学生陸連10000m記録会では、井川選手のツイートにニューバランスがタグ付けされており、ニューバランスを着用して参加したようです。

5月の日本選手権でもニューバランスを着用していました。

早稲田スポーツ新聞会さんはTwitterを使っています 「[記事更新] 日本トップとの差を痛感 井川は思うようなレースできず、悔しさ残る  日本選手権1万メートル・・・競走 記事URL≫ https://t.co/FY8DEWp2gC #sousuporikujo #waseda #臙脂で染めろ #早稲田人たれ https://t.co/8jYIXhgQuK」 / Twitter

全日本大学駅伝ではナイキを着用しています!

井川龍人さんはTwitterを使っています 「応援ありがとうございました。区間賞を狙っていた為悔しい結果になりましたが、仕事は果たせたと思います。箱根駅伝では強い早稲田を見せたい!2区を視野に入れながら頑張りたいです🏃‍♂️ #いがわっしょい #早稲田大学 @daigaku_ekiden https://t.co/tn268pf5NK」 / Twitter

レースによって、シューズを使い分けているようです。

2022年の箱根駅伝では、井川龍人選手の着用するシューズにも注目ですね!

井川龍人選手の出身中学や高校

【学生長距離Close-upインタビュー】27分台に突入した早大・井川龍人 高校世代トップから学生長距離界の頂点へ! | 月陸Online|月刊陸上競技 (rikujyokyogi.co.jp)

井川龍人選手は、熊本県芦北町出身です。

出身中学は、芦北町立佐敷中学校。

出身高校は、私立九州学院高等学校です。

井川選手は、元陸上部のお父さんの影響で小学校から陸上のクラブチームに所属していたのですが、中学校ではサッカー部だったそうです!

サッカーを続けながら、陸上は自分で練習し、大会にもエントリーしていました。

中学校の3年間ジュニア五輪に出場し、3年生の時に3000mで16位になりました。

また、都道府県駅伝に2015年、2016年と2年連続で出場しています。

高校生になり、競技を陸上にしぼった井川選手。

全国高校駅伝には1年生から3年連続出場し、2年生で区間2位となります。

高校3年生の2018年には、インターハイ5000m14分17秒で5位(日本人1位)。

第73回国民体育大会少年A5000m14分04秒で2位(日本人1位)。

中学・高校と、結果を残し続けています。

井川龍人選手の大学時代の1万mベストタイム他の記録

陸上・駅伝 – 早稲田大・井川龍人、学内3人目の27分台にも満足しない 「勝ちきる強さ」で優勝を | 4years. #大学スポーツ (asahi.com)

井川龍人選手は、2021年4月の日本学生陸連10000m記録会で、27分59秒74という記録を出し、記録会内で学生トップとなりました。

早稲田大学内では歴代7人目の27分台、学内では3人目、そして熊本県記録を塗り替えています!

井川選手は大学入学後1年目から好成績を残し続けています。

大学初レースのGGN(ゴールデンゲームズinのべおか)で5000m13分54秒59と自己ベストを更新。

2019年の日体大記録会では5000m13分59秒00で7位。

そして、1年生で2020年の箱根駅伝に出場し3区を走っています!

2021年の箱根駅伝では1区で区間5位。チームは総合4位となりました。

11月の全日本大学駅伝では2区を走り区間2位という成績を残しています。

結果を出し続けている井川龍人選手、2022年の箱根駅伝ではどのような走りを見せてくれるのか、楽しみですね!

井川龍人選手のWiki的プロフィール

名前井川龍人
フリガナイガワリュウト
生年月日2000年9月5日
出身地熊本県芦北郡芦北町
身長178cm
体重64kg

【最後に】

以上「【井川龍人(早稲田大)】着用シューズは?1万m27分台選手の出身中学や高校」についてご紹介してきました。

いかがでしたか?

これまで結果を出し続けている井川龍人選手の、2022年の箱根駅伝、そしてその先の活躍も楽しみですね!

ここまでご覧いただき、ありがとうございました。