【石田洸介(東洋大)】大迫傑超えの高校記録でシューズも同じ期待の星

陸上

この記事に書いてあること

2020年のホクレンディスタンス千歳大会にて陸上5000mで16年ぶりの日本高校記録保持者となった石田洸介選手についてご紹介しています。大迫傑と同じシューズを履いていることや石田洸介選手の兄も陸上していたのか、そのあたりについても詳しくご紹介している記事です。

ともだち

そういえば大迫傑って引退してから、陸上関係のいろんな活動してるみたいだね

ランビア

東洋大学の石田洸介選手もそんな姿に憧れてるんちゃうか?

現在東洋大学の石田洸介選手は2020年高校3年の時、ホクレンディスタンス千歳大会にて陸上5000mで現在トップランナーの大迫傑も超えられなかった記録を破り16年ぶりの日本高校記録保持者となり話題になりました。

そんな石田洸介選手ですが当時、ナイキの厚底シューズを履いていましたが実は大迫傑も履いていたのです。とても気になりますよね。

この記事では石田洸介選手について詳しくご紹介!そして、その厚底シューズについても見ていきますね。

また石田洸介選手の兄についてもお話しいたしますのでご覧ください。

石田洸介選手は大迫傑超えの記録保持者

2020年7月18日石田洸介選手は、ホクレンディスタンス千歳大会にて陸上5000mで13分36秒89を出し日本高校記録13分39秒87より3秒も縮め16年ぶりの日本高校記録保持者となりました。

これは現在日本の第一線で活躍している大迫傑も届かなかった記録です。その境地に石田洸介選手はたどり着き大迫傑超えを果たしました。

そしてさらに記録を更新します。同年9月27日の東海大長距離競技会男子5000mに出場し13分34秒742秒も縮めました。

実はこの大会で大迫傑と同組となり【本当について行こうと、勝ちに行った】と大迫傑にラスト1周まで食らいついたのです。結果は及ばなかったようですが「記録おめでとう。またどこかで一緒に走れればいいな」と大迫傑に健闘をたたえられたという素晴らしいエピソードもあります。

いや〜石田洸介選手すごいですね。

石田洸介選手はナイキのアルファフライネクスト%を着用していた

写真出典:毎日新聞より

石田洸介選手はホクレンディスタンス千歳大会で後半に【脚力を残す】ことを重視するためナイキの厚底シューズアルファフライネクスト%に履き替えていました。

このアルファフライネクスト%は東京マラソンで大迫傑が履いて話題にもなった厚底シューズです。

写真出典:月陸onlineより

ソールの厚さが39.5mmの超厚底シューズ。男子マラソンでは国内外とも最速シューズとなっています。そしてトラックでも快走を果たしたのが石田洸介選手となりました。

しかし2020年7月28日世界陸連でルール変更になり、トラック競技ではソールが25mm以上の厚底シューズは使用NGに。(マラソンでの使用はOK)

石田洸介選手が新記録を出したホクレンディスタンス千歳大会は2020年7月18日なのでほんとすぐですよ。それだけ厚底旋風の影響は大きかったのでしょうね。

2020年9月27日の東海大長距離競技会男子5000mでは薄底スパイクで2秒縮めました。実は【7月の高校記録は厚底シューズを履いていたから】という声も聞こえてきて石田洸介選手は反骨心もあり薄底スパイクでも好記録を出したいという強い思いがあったみたいです。

石田洸介選手の兄も陸上をしている(していた)?

石田洸介選手の兄の名前は涼介さんです。

福岡大学附属大濠高校を卒業しています。その後法政大学に進学。

高校時代は陸上をやっていたみたいですが現在はやっているか分かりません。本人のTwitterで走らない大学生と堂々と書いてありますので陸上はやっていなさそうが濃厚ですね。

やはり兄弟ですね、そっくりでイケメンです。

石田洸介選手のWiki的プロフィール

写真出典:BBMスポーツ
名前石田洸介
フリガナイシダコウスケ
生年月日2002年8月21日
出身地福岡県遠賀町
身長172cm
体重58kg

【最後に】

以上「【石田洸介(東洋大)】大迫傑超えの高校記録でシューズも同じ期待の星」についてご紹介してきました。

いかがでしたか?

・石田洸介選手は高校3年の時、大迫傑も届かなかった日本高校記録保持者になった

・ナイキ厚底シューズで16年ぶりの記録を出したその2ヶ月後に薄底スパイクで更に2秒縮める

・石田洸介選手は世界陸連を動かすほどの厚底旋風を起こした

・石田洸介選手の兄は涼介さん。高校時代は陸上をやっていたが今はやっていない様子

現在は東洋大学でスーパールーキーとして3大駅伝でデビューを飾っています。頑張って欲しいですね!

最後までお読みいただきありがとうございました。